麻ミュージアム

芸術の中に観る麻

絵画の世界には、しばしばリネンが登場する。
平民の着る貫頭衣に近いものから聖職者の祭服、貴族のドレスまで、身分の隔たりなく様々な形で用いられていることが解る。

麻のダマルチカを着る聖ステファノ。ジオット作

ジョバンニ・ミリアーラの絵画に見る1800年代の紡績工場

衣服に関しては亜麻色をそのまま用いられる場合は非常に低く、ほとんどのものに関しては蝋に湯を足した漂白剤を用いて白く仕上げられていたらしい。
染色に関しては、現在残る草木染めと同様に、木の実や花が使われた。

1000年代の典礼服

ハンス・メムリングによる "パテシバの入浴"1470年頃の作品

メンズのリネンシャツ。1400年代の絵画

投稿日:2019.11.16 更新日:

Copyright© 日本麻紡績協会 , 2020 All Rights Reserved.

Copyright© 日本麻紡績協会 , 2020 All Rights Reserved.